肝硬変の診断(腹部エコーと腹腔鏡検査、採血)

肝硬変を診断するには、肝機能、肝臓の形態や組織を調べる必要があります。肝機能を調べるには、血液検査が行われます。血液中の物質を調べますが、代表的なものはGOT・GPT、ビリルビン、アルブミン、グロブリン、プロトロンビンなどです。

インターフェロンによる治療

ビリルビン検査は、肝臓の全体の機能を調べるのに最も重要な検査で、非代償性肝硬変(肝機能を十分に果たせない段階にまで進行した肝硬変)では、ビリルビンの数値が必ず上昇します。また血液中の主なたんぱくでもあるアルブミンと、プロトロンビンも肝硬変の肝機能を診断するのに重要な指標となります。

肝硬変になると、肝機能が低下するため、肝臓で特異的に生成されるアルブミンやプロトロンビンが減少します。GOT、GPTは肝臓の検査の代表的存在ですが、肝硬変ではいずれの数値もあまり上昇しません。しかし、GOTの方がGPTよりも高くなるのが特徴です。

肝臓の形態や組織を調べる検査には、腹腔鏡検査と肝生検、腹部超音波検査などがあります。腹腔鏡検査は、腹部を1cmほど切開して、そこから内視鏡を挿入し、肝臓の表面の状態や肝門部周辺のバイパスの有無を調べる検査です。

肝硬変になった肝臓は、右側の部分(右葉)が萎縮し、左側の部分(左葉)が肥大した状態になります。肝臓の表面は、線維化と結節によって、凹凸状になっており、全体的に縮まった形になっています。

肝生検は、腹腔鏡検査の際に、同時に肝細胞を採取する方法と、あらかじめ超音波検査によって、肝臓の位置を確認し、皮膚の上から針を刺して肝細胞を採取する方法があります。そのあと採取した細胞を顕微鏡で観察します。腹腔鏡検査や肝生検を行うことで、肝硬変の進行の程度、どのようなタイプなどかが把握できます。

腹部超音波(エコー)検査は、腹部に探触子をあててモニターに肝臓の状態を映し出すという検査です。肝臓の表面の凹凸や、門脈が狭くなって蛇行していることや、血管のバイパス、腹水の有無、さらには小さな肝がんなども検出できます。

従来、慢性肝炎と肝硬変、肝がんの区別は、ハッキリしていましたが、現在では明確な区別が難しいことも少なくありません。その理由は、肝生検や腹部エコーなどの診断技術の進歩によって、同じ肝臓でも、慢性肝炎の状態の部分と、肝硬変の状態の部分があることがわかるようになったためです。

また、組織を調べてみても、肝硬変と肝がんの区別も難しくなってきています。以前の病理学的な診断では、肝がんのごく初期の像は、がんとして診断できなかったのですが、今日では早期のがんとして診断できるようになってきました。

冠動脈疾患の抑制効果があるスタチン系薬剤

血液中の脂肪を脂質といいますが、この脂質が異常な数値を示すのが脂質異常症です。糖尿病と並んで代用的な生活習慣病の一つです。空腹時に採血を行い、血液中のLDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の3つの値からこの病気に該当するかどうかを調べます。

循環器内科での診察

従来は高脂血症と呼ばれていましたが、善玉コレステロールであるHDLコレステロールは数値が低いほうが心疾患などのリスクが高くなるため、脂質が高い病気という意味で高脂血症という名前は相応しくないという理由で現在の名称に変わりました。

治療は食事と運動療法が基本で、薬物療法では、主に脂質降下剤が使用されます。降下剤は服用を続けないと改善した数値が戻ることがありますので、依存症になると心配する人がいますが、依存性は高い薬ではありませんので、医師の指示を守って服用すれば問題ありません。

メタボリックシンドロームは、高LDLコレステロール血症とは独立した冠動脈疾患のハイリスク病態としてガイドラインに位置づけられています。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に、脂質異常、高血圧、高血糖のうち二つ以上の危険因子を持つ場合であり、高LDLコレステロール血症も併発する場合には、冠動脈疾患のリスクが寄り高くなることが指摘されています。

高LDLコレステロール血症の治療で最も多く使われているのがスタチン系薬剤です。日本で5年にわたって行われたプラバスタチンを用いた大規模な治験(冠動脈疾患の既往のない経度~中等度の高脂血症患者を対象)では、冠動脈疾患、なかでも心筋梗塞の抑制効果が報告されています。

また、ロスバスタチンを用いた、安定期の冠動脈疾患を持つ日本人の高脂血症患者を対象とした臨床試験では、動脈硬化の退縮を確認したとされています。

ジェネリック医薬品(Generic Medicine)への期待

高齢化社会を迎えて増大する医療費を抑制しつつ、室の高い医療を同提供するかが問題となっていますが、その解決策の一つとして期待されているのが、ジェネリック医薬品です。平均で先発品の薬価の50~60%というのが大きなメリットで、抗ウイルス薬のような高価な薬を服用する患者さんや、慢性疾患で多くの薬を飲む患者さんはそのメリットを享受することができます。

しかし、現実には全ての処方薬がジェネリックであることは稀ですし、薬局の窓口で支払う負担金には、調剤料、薬剤料、管理料などが上乗せされるため、単純に薬代が半額になるわけではありません。

ジェネリック医薬品の普及率が低い理由には色々ありますが、先発品には承認されている適応症が、ジェネリック品では適応がない場合があります。また、医薬品の中には、有効成分の含有量の違う規格が複数ある場合があります(ex 2.5mg、5mg、10mgなど)。しかし、ジェネリックでは、使用頻度の高い規格しか製造している場合があるのです。

さらに、生産メーカーの多くが中小企業であることから、原料薬品の高騰などのあおりを受けて、生産中止になるケースがあります。病院の薬剤部等が患者さんに対する服薬指導を行う際に不可欠な医薬品情報が絶対的に不足しており、ジェネリック医薬品の情報に精通したMR(医薬情報担当者)が少ないのが問題です。

また、ジェネリック医薬品は、先発品と同じ有効成分の量を含み、生物学的同等性試験をパスしているので、効果効能は理論上同じのはずです。しかし、製造工程の違いや、添加物などに違いがあるため、その使用に躊躇する医師が現在でも少なくなく、学会などでも未知夾雑物について問題視されることもあります。