ジェネリック医薬品(Generic Medicine)への期待

高齢化社会を迎えて増大する医療費を抑制しつつ、室の高い医療を同提供するかが問題となっていますが、その解決策の一つとして期待されているのが、ジェネリック医薬品です。平均で先発品の薬価の50~60%というのが大きなメリットで、抗ウイルス薬のような高価な薬を服用する患者さんや、慢性疾患で多くの薬を飲む患者さんはそのメリットを享受することができます。

しかし、現実には全ての処方薬がジェネリックであることは稀ですし、薬局の窓口で支払う負担金には、調剤料、薬剤料、管理料などが上乗せされるため、単純に薬代が半額になるわけではありません。

ジェネリック医薬品の普及率が低い理由には色々ありますが、先発品には承認されている適応症が、ジェネリック品では適応がない場合があります。また、医薬品の中には、有効成分の含有量の違う規格が複数ある場合があります(ex 2.5mg、5mg、10mgなど)。しかし、ジェネリックでは、使用頻度の高い規格しか製造している場合があるのです。

さらに、生産メーカーの多くが中小企業であることから、原料薬品の高騰などのあおりを受けて、生産中止になるケースがあります。病院の薬剤部等が患者さんに対する服薬指導を行う際に不可欠な医薬品情報が絶対的に不足しており、ジェネリック医薬品の情報に精通したMR(医薬情報担当者)が少ないのが問題です。

また、ジェネリック医薬品は、先発品と同じ有効成分の量を含み、生物学的同等性試験をパスしているので、効果効能は理論上同じのはずです。しかし、製造工程の違いや、添加物などに違いがあるため、その使用に躊躇する医師が現在でも少なくなく、学会などでも未知夾雑物について問題視されることもあります。

代表的な医療団体(日本医師会ほか)

政府の医療政策に注文を付け、時には激しく対立するのは日本医師会(以下、日医)だけではありません。その他にも医療従事者で攻勢される様々な団体が、自分達の主張を実現させるため、行政や政党、政治家への要望を行い、国民に呼びかけて運動を展開しています。

医療や社会保障の充実という総論では、各団体とも共通しているものの、医療費の配分、施設の基準、職種ごとの業務の範囲などでは意見が対立することもしばしばです。保険診療に携わる医師、歯医者さんで作る「保険医協会」と、その集まりである全国保険医団体連合は、会員の日常診療や経営サポートのほか、政策的な主著欧を活発に展開しています。

全国医師連盟は、日医が開業医の意向を重視しがちなことを背景に2008年、勤務医を中心に結成され、労働条件や診療環境の改善を求めています。日本眼科医会、日本産婦人科医会といった診療分野ごとの現場の医師の団体も、学会とは別に存在してます。日々の診療や学会で医学知識やスキルをアップデートするだけでなく、これらの活動も行わなければならないのは大変ですね。

病院の団体は、診療報酬などを巡って日医と厳しく対立することもあります。有力なのは日本病院会、日本精神化病院協会、日本医療法人協会などです。日本薬剤師会や日本看護協会などのように職種ごとの団体も多数あり、会員の知識や技術の向上のほか、政策要求もしています。

視野の中心が見にくい加齢黄斑変性

黄斑は網膜の中央にあり、ものを見る機能の中心的な役割を果たしています。なかでも黄斑の中央にある中心窩は視力を最大限に出せる部位です。この黄斑に病変が起きて視力が低下、放置すると物が見えなくなってしまう病気が加齢黄斑変性です。アメリアかでは失明原因のトップとなっています。

この病気には萎縮型と滲出型という2つのタイプがあります。前者は網膜をこうする細胞の一つ、色素上皮が老化のために萎縮し、網膜が変性するものです。有効な治療法はまだ確立されていませんが、進行はとても遅く、変性の部位によっては視力低下もみられません。

滲出型は、網膜の奥から新生血管という脆い異常血管が発生し、そこから出血や水分が漏れ出て、網膜に異常をきたすものです。詳しい原因はわかりませんが、進行が早く、症状はどんどん悪化して網膜はく離を引き起こすことがあります。そのため、早期発見と治療は大切です。

加齢黄斑平成の要因は様々なですが、喫煙が危険因子であることはハッキリしています。ですから喫煙者はまず禁煙することです。また太陽光の中の青色光が発症を促進させると考えられていますので、紫外線が強い日の外出には帽子やサングラスで目を守ることも必要です。

そして抗酸化作用のあるビタミンC・E、ベータカロテンなどのビタミン類、亜鉛や銅などのミネラル類、ほうれん草などに含まれる色素の一種ルテインなどが予防効果のある栄養素として注目されています。